2015.03.04

女性ボーカルのマイク選び

ボーカルのマイク選びって新しい家電なんかを何買おっかな〜って選んでるときと同じ感覚がして楽しいですよね。

今回はシンガーソングライターの大藤史さんに歌ってもらいマイクの違いを録ってみました。

用意したマイクは
SHURE SM58



SHURE SM87

EV RE510

録音環境はそのまま弾き語りをしていただき通常通り歌ってもらいました。
no-EQ、no-HP、no-Comp、no-Rev
ポップガード等も使用してないので吹かれの感じも参考に。
書き出し時にノーマライズだけしています。

まずは基準として『SHURE SM58』

続きまして同じダイナミックマイクロフォンの『SENNHEISER e935』

ここからはコンデンサーマイクロフォンです。『EV RE510』
No.3 「Mic_C_510.mp3」をダウンロード

SHUREの定番コンデンサー1本目は『SHURE SM87』
No.4 「Mic_D_SM87.mp3」をダウンロード

2本目『SHURE Beta87A』
No.5 「Mic_E_B87.mp3」をダウンロード

最後はちょっと高価な『NEUMAN KMS105』
No.6 「Mic_F_105.mp3」をダウンロード


あえて感想などは書きませんが
歌い手さんの声の特徴によって生かしたい所やPAでの優位性がポイントになってくるのではないでしょうか。


ちなみに大藤史さんのマイクはSHURE BETA87Aで行こうと思います。


最後にマイクチェックで歌っていただいた曲をお聴きください。

◆女性合唱組曲「あなたへのうた」より「さくら」◆
作詞:栗原寛 作曲:大藤史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.27

クリップバインダー

これ

いまいち呼び方が解らなかったんですが、クリップボードが一般的でしょうか。 クリップボードだと1枚板の事を指す用な感じで、表紙があって2つ折りできるのがクリップバインダーみたいですね。 手板(ていた)とも言うみたいです。

音響屋も現場ではいろいろと紙資料を手渡されます。回線表からセットリスト、タイスケから台本などなど。 それらをまとめておくのに便利なのがクリップバインダーですね。

で、卓上なんかに紙資料を置いてたりすると滑って落っこちたりします。 本番始まってLowがブイブイ鳴り出すとさらにズリズリと。 それを防ぐために滑り止めシート置いたりダンボール製防波堤を作ったり皆さん各々工夫されてます。

そこでクリップボードの裏に滑り止めシート張っちゃえば、と思い立ってやってみたのですがこれが全然滑り知らず。
が、持ち歩くたびに鞄に仕舞うと滑り止め面がむき出しでとっても仕舞いづらい、、、

そこで更に思い付いたのが、表紙付のおしゃれな感じなクリップボード見たことあるなぁと、 んっ!、、、表紙の裏を滑り止めにするとぉ、、、 開くと下面に滑り止めが行くでしょ、、、 閉じれば内側に隠れるでしょぉ、、、!!

早速Amazonで注文して表紙の裏面に滑り止めをペタり。

14052703

14052702

14052704

ん〜滑り知らず。

後はステッカーなんか張ったらオリジナルバインダーの完成です。

14052701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.31

スカスカつまみのスベり止め

たま〜にお見かけするこの状態。
14013101

スライダーのつまみが無くてお隣から付け替えていじいじ、更に付け替えていじいじ、、、正直めんどくさ〜

なYAMAHAのQ2031
14013102

2014年新春、この暇な時期ホコリ取り掃除のついでにつまみ洗浄したらスカスカになるつまみが続出してしまいました。
なるべく引っかかりの良い箇所を探して付け直したのですが、運搬するとケースの中でカラカラと。
これはつまみを無くすのも時間の問題だなと思ったので、な〜んかないかなと探していたら、良さげな物を見つけました。


『メディコムスーパーラバースプレー』
14013103

〈吹き付けるだけで簡単に強靭なゴム皮膜を形成、用途は、滑り止め以外にもアイデア次第で無限に広がります。〉的なヤツです。

早速つまみをマスキングして差し込み口に一吹き。溜まりが出来ると入らなくなる恐れがあるので余分な液はティッシュの上で叩いて出します。
14013104

自然乾燥するまで放置。
ドライヤーとかでの強制乾燥はムラができるので止めた方が良いそうです。

14013105

見事にがっちりとフィットしてくれました。
一回でスカスカの場合はフィットするまで重ね塗りします。
これでつまみ紛失を回避できそうです。滑り止め万歳。


そう言えばフェーダー触るたびに指につまみがくっついてくる安物卓がどっかに、、、ウチのだったけなぁ〜?
今度はフェーダーのスカスカつまみにも施したいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.17

マイク置き

ありそうで売って無いマイク置き。

だから自作するしかないマイク置き。

それ故に各社の色が出て現場で見かける品としてはとっても興味深いモノの1つである。



で、テーブル用のマイク置きとして、こ~んなトレイにスポンジ敷いて使ってたのですが

11101701

ず~っとスタンドに取り付けられるようにしようと思い続けて早、、、何年??
やっと工作に踏み切りました。

元々がテーブル用のマイク置きなのでテーブルにも置けてスタンドにも取り付けられるようにするのが今回のポイントです。
したがってネジ穴をいかにコンパクトにするか。それさえ考え付けばもう出来たも同然です。

ってこれをず~っと何年も考えてたのですが、、、とっとと材料紹介です。

11101702

・トレイ
・スポンジ
3/8→5/8変換
・C型止め輪←今回のキモです。
・ネジ止め剤
・ゴム足

1)3/8→5/8変換とゴム足の穴を空けます。

11101703

2)3/8→5/8変換を入れ反対側からC型止め輪で止め、ネジ止め剤で固めます。

11101704

3)ゴム足付けて

11101705

4)スポンジ敷いたら出来上がり。

11101706

作業に入ってしまえばあっという間に出来てしまいます。

でも最近はちゃんとマイク置きって売ってるんですね。結構なお値段してますが。

こんなんでもいいんですけどね。
K&M ( ケーアンドエム ) / 12218

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.16

◆JBL◆2Wayフルレンジ・ステージモニター【SRX712M】

10091601

【仕様】
●周波数レンジ(-10dB):70Hz~20kHz
●指向角度(水平×垂直):50゜×90゜ 
●音圧レベル(1W/1m):96dB SPL
●最大音圧(1m):131dB SPL
●許容入力:PASSIVE 800W、BI-AMP 800W(LF)/75W(HF)
●公称インピーダンス:PASSIVE 8Ω、BI-AMP 8Ω(LF/HF)
●ドライバー構成:LF 300mm(12インチ)×1、HF 75mm(3インチ)×1
●クロスオーバー周波数:1.2kHz
●コネクター:4Pスピコン×2(IN、THRU)
●寸法(幅×高×奥行):546×349×260mm
●重量:15.4kg

フットでもスタンドでも設置可能なSRX712M、コンセプトはフロアモニタースピーカーですが800Wの許容入力がありフロントでも全然使えます。
左右対称な作りなのでミラーで置く事もでき、直置き、スタンド、ポールマウントと設置条件を選ばず大変使い勝手が良いです。
サイズもコンパクトで我が家の軽バンにも積み込みが容易です。

バイアンプ駆動も可能で、まだ鳴らした事が無いので何とも言えませんが、パッシブの感じでは多少Hiが強いので下げ気味にすればもうちょっとパワフルな音にはなりそうです。


JBL ( ジェービーエル ) / SRX712M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.06

16本マイクスタンドケース、コロ付

今までマイクスタンドを細長いダンボールに立ててしまっていたのですが、ぼろぼろになってしまったので製作する事にしました。整理用にと思ったのですが、どうせなら持ち出せるようにコロ付で。

久々にベクター立ち上げ、図面を。
10070601
こんな感じに見通しをつけて。

今回選択した具材は、外枠にラワンランバーっていう合板の15mm、これは普通の合板より軽めで扱いやすいです。中仕切り用にはコンパネ12mm。ホームセンターでカットしてもらいます。
側面600mm×455mmを4枚、底面440mm×440mm、中仕切り440mm×400mmを6枚。
10070602

側面2枚に取手穴、底面にキャスター穴、それぞれに下穴と下準備を。
10070603_2

中仕切り板に200mm×12mmの切れ込みを3本。
10070604

ここまで来たら後はガンガン組み立てて行くだけです。
10070605

キャスター付けてロゴ吹き付けて、完成です。
10070606

今回ポケットを100mm幅で作ったのですが、これだと結構ブカブカになってしまいました。80mm位で良いのかもしれません。後は配水管などの塩ビ管なんかをポケット用に並べ入れてるのを見た事があります。板に切れ込みを入れるのが結構しんどいのでそっちの方が楽だと思います。

基本「一人で積み込みが出来たもん。」がモットーなのですが、16本ブームを突っ込むと流石に持ちたくないレベルになってしまいました。ってか16本一人で持ち上げる物じゃありません。

今まで大量にスタンドを持ち出す時はSKBのケースを使ってたのですが、これも結構使えます。
width=
SKB ( エスケービー ) / H4816W

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.06.18

◆TASCAM◆SD・SDHCポータブル・デジタル・レコーダー【DR-07】

10061801

【仕様】
●単一指向性ステレオコンデンサーマイク内蔵
●入力:MIC IN(3.5mmステレオミニホンジャック)、LINE IN(3.5mmステレオミニホンジャック)
●出力:LINE OUT(3.5mmステレオミニホンジャック)、PHONES(3.5mmステレオミニホンジャック)
●周波数特性:20Hz~20kHz
●対応オーディオファイル
   MP3ファイル 録音ビットレート:32/64/96/128/192/256/320kbps
   WAV(リニアPCM)ファイル:量子化ビット:16/24ビット、サンプリング周波数:44.1kHz/48kH
   記録メディア:SDカード(64Mバイト~2Gバイト)、SDHCカード(4Gバイト~32Gバイト)
●電源:単3乾電池 2本
●消費電力:0.7W(MP3再生時)
●外形寸法:55(幅)×137(高さ)×27(奥行き)mm(突起部含まず)
●質量:130g(電池を含まず)

昔は記録用の録音にはDATデッキなどを持ち回りましたが、最近ではポータブルレコーダーで十分です。テープなんかも歴史とともに膨大な量になって置き場所に困ったりしますし、何でもデータで保存する時代ですね。

当初サイズ的にEDIROL R-09HRを狙ってたのですが、予算の都合から一番安いDR-07になりました。見た目と触り心地は安さなりのおもちゃ感満載ですが、集音マイク付ライン録音可でWAV録音が出来ればよかったので記録用にはまったく問題ありません。

液晶画面はバックライト付でRecボタンも点灯、点滅するので暗い場所でも操作可能です。
サイズは若干太めで大きい感じですが、単3電池が使えるのが何より。ワイヤレスなんかの捨て電池が消費出来るのでエコです。電池の持ちが良く捨て電池(1.4V〜1.3V)でも2時間〜3時間はきっちり動くのでACアダプターいらずです。

内蔵マイクに関しては録る目的にもよりますが、入力レベルは48dBVの幅で調整出来るので音楽ライブなんかも歪ませず録る事が可能です。ロー寄りな印象でベースラインもしっかりと録れます。自然音や環境音を録るよりはライブRHや声を録るのに適してそうです。

内蔵マイクに拘りたい場合はSONY PCM-D1なんかが良さそう。KORG MR-1も気になる。1ビット録音ってどうなんでしょう?

 width=
TASCAM ( タスカム ) / DR-07

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.04.18

◆Neve◆2chリミッター/コンプレッサー【33609/B】

10041801

【仕様】
LIMITTER
●Threshold:+4dBu ~ +15dBu
●Recovery Time:50ms、100ms、200ms、800ms、auto1(800ms)、auto2(8secs)
●Attack Time:Fast 2ms(±1ms)、Slow 4ms(±1ms)

COMPRESSOR
●Threshold:- 20dBu ~ +10dBu
●Recovery Time:100ms、400ms、800ms、1500ms、auto1(500ms)、auto2(2secs)
●Gain:0dB ~ +20dB (2dB Steps)
●Compress Ratio:1.5:1、 2:1、 3:1、 4:1、 6:1

●周波数特性:20Hz~20kHz
●電源:100V
●寸法:W482mm×H88mm×D255mm

メジャーなスタジオには必ず置いてある超ド定番ビンテージコンプです。
生産時期により内部部品も音も変わってしまいどれが本当の33609の音なんだと言われるとよく解りませんが、一応私が所持しているのは33609/BでトランスがMARINAIR製。結局はこのトランスによりNeveの音色になるようです。

自然な感じにコンプが掛かり音が前に出てきます。アウトの周波数特性を調べると1kHz辺りから上が全体的に落ちているのですが、このハイ落ちした感じが33609独特な太さや温もりを演出してるんでしょう。
プラグインだけではビンテージのニュアンスをまだまだ再現出来ないので、デジタルベースで創られた音にも最終段階でアナログで通してあげるとそれっぽく聞こえます。

ビンテージなだけあってメンテもお金が掛かります。最近バイパススイッチの接点不良を直す為修理に出したらメーカー側からオーバーホールした方が良いですよと、、、、。内部部品を出来るだけ変えたくなかったので必要最低限に留めても10万オーバー。しょうがないけど、、、他に機材買えるじゃん、、、。

現行は33609/JDだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.06

SRX712M用ダンボールカバー

10040601

SRX712Mの専用カバーなんか買ってられるかーって人や、専用ケース作る金なんてないーって人の為のダンボールカバーの作り方です。

梱包されて来たダンボールと中敷きを1枚用意します。

10040602

底になる下側部分を4cm位切り落とします。

10040603

ダンボールに持ち手用の穴を作るために、SRX712Mの持ち手部分に合わせて台紙を作ります。

10040604

そしてダンボール上面を切り抜きます。型の水平部分がダンボールの水平の割れ目に合うように切り抜くとちょうど良い感じになります。

10040605

上面の横に閉じる部分は切り取ってしまいましょう。

10040606

中敷きを奥まで突っ込みテーブでがっつり止めます。

10040607

そしてこれも上から切り抜きます。

10040608

最後に切り口や補強したい所をガムテで止めたら完成です。ここでつや消しガムテなんかを使うと粋な感じです。

10040609

SRX712Mに被せて運搬時の傷、凹みも安心です。底面は裸なので擦り傷等気を付けましょう。

10040610

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.11

◆SHURE◆ダイナミック・マイクロホン【SM57】

09051101

【仕様】
●指向特性:カーディオイド(単一指向性)
●周波数特性:40Hz~15kHz
●インピーダンス:150Ω
●開回路感度:-54.5dB re 1V/Pa
●寸法・質量:φ32×全長157mm、284g

【周波数特性】
09051102

【指向特性】
09051103

何でもござれのゴーナナです。

私は58より57でSP調整をしたりします。ローがスーッと切れてる感じが自分の声に合ってるようです。
このマイクは使い勝手が良く何にでも使えるので何本持っててもOKです。
ウィンドスクリーンを被せた姿も結構好きなんですが、演台卓上マイクなんかで使う時はオフで拾っても良い感じになります。58よりもおすすめです。

SHURE ( シュアー ) / SM57
SHURE ( シュアー ) / SM57

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«◆SHURE◆ダイナミック・マイクロホン【SM58】