役立ち

2014.05.27

クリップバインダー

これ

いまいち呼び方が解らなかったんですが、クリップボードが一般的でしょうか。 クリップボードだと1枚板の事を指す用な感じで、表紙があって2つ折りできるのがクリップバインダーみたいですね。 手板(ていた)とも言うみたいです。

音響屋も現場ではいろいろと紙資料を手渡されます。回線表からセットリスト、タイスケから台本などなど。 それらをまとめておくのに便利なのがクリップバインダーですね。

で、卓上なんかに紙資料を置いてたりすると滑って落っこちたりします。 本番始まってLowがブイブイ鳴り出すとさらにズリズリと。 それを防ぐために滑り止めシート置いたりダンボール製防波堤を作ったり皆さん各々工夫されてます。

そこでクリップボードの裏に滑り止めシート張っちゃえば、と思い立ってやってみたのですがこれが全然滑り知らず。
が、持ち歩くたびに鞄に仕舞うと滑り止め面がむき出しでとっても仕舞いづらい、、、

そこで更に思い付いたのが、表紙付のおしゃれな感じなクリップボード見たことあるなぁと、 んっ!、、、表紙の裏を滑り止めにするとぉ、、、 開くと下面に滑り止めが行くでしょ、、、 閉じれば内側に隠れるでしょぉ、、、!!

早速Amazonで注文して表紙の裏面に滑り止めをペタり。

14052703

14052702

14052704

ん〜滑り知らず。

後はステッカーなんか張ったらオリジナルバインダーの完成です。

14052701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.17

マイク置き

ありそうで売って無いマイク置き。

だから自作するしかないマイク置き。

それ故に各社の色が出て現場で見かける品としてはとっても興味深いモノの1つである。



で、テーブル用のマイク置きとして、こ~んなトレイにスポンジ敷いて使ってたのですが

11101701

ず~っとスタンドに取り付けられるようにしようと思い続けて早、、、何年??
やっと工作に踏み切りました。

元々がテーブル用のマイク置きなのでテーブルにも置けてスタンドにも取り付けられるようにするのが今回のポイントです。
したがってネジ穴をいかにコンパクトにするか。それさえ考え付けばもう出来たも同然です。

ってこれをず~っと何年も考えてたのですが、、、とっとと材料紹介です。

11101702

・トレイ
・スポンジ
3/8→5/8変換
・C型止め輪←今回のキモです。
・ネジ止め剤
・ゴム足

1)3/8→5/8変換とゴム足の穴を空けます。

11101703

2)3/8→5/8変換を入れ反対側からC型止め輪で止め、ネジ止め剤で固めます。

11101704

3)ゴム足付けて

11101705

4)スポンジ敷いたら出来上がり。

11101706

作業に入ってしまえばあっという間に出来てしまいます。

でも最近はちゃんとマイク置きって売ってるんですね。結構なお値段してますが。

こんなんでもいいんですけどね。
K&M ( ケーアンドエム ) / 12218

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.30

スピコンのオスメス

スピーカーケーブルのコネクタは何を使っていますか?

XLR、スピコン、EP、フォン、、、だいたいこんな所だと思いますが、これは所有しているスピーカーのコネクタによって決まってくるでしょう。ちなみにうちはスピコンをメインに使っています。

で、このスピコン、普段何気なく使っているのですが、これってオスメスどっち?ってことなんですよ。スピコン用の中継アダプタでNL4MMXってのがあります。現場でよくその事を「スピコンのメスメスちょうだい。」って言っちゃうんですが、大抵通じるんですね。って事はだいたいの人はオスだと思ってるわけです。

ところがどっこい、いきなり正解から言うとこれが反対なんですよ。型番から見ると一般的なスピコンがNL4FX、このFXって所が肝でNEUTRIK製品はXLRコネクタもそうなんですがオスはmaleのM、メスはfemaleのFが型番に紛れ込んでいます。ってことはNL4FXはメスって事になります。先程の中継アダプタはNL4MMX、オスオスだからMM。

さてここからが本題です。今までメスだと思っていたオス、このオスコネクタを前々から事あるごとにあればいいなぁと感じていて、検索してみたら、、、、、あるんですね、、、。しかもちゃんとNEUTRIKから出てました、、、5年くらい前にも探した覚えがあるのですが、その時は無かったような気がしてたのですが、、、。

で、見つかったのがNLT4MXNLT4MX-BAGの2種類。STXシリーズっていう高級バージョンのオスコネクタです。

う~ん、高級バージョンなので1個単価が高い。

そこで、そんなケチくさい事を言う人にオススメなオスがありました。SWITCHCRAFTのHPCI4F。半値までとはいきませんが、その程度で買えます。

さぁ、何故このオスコネクタが欲しかったと言いますと、理由が2つあります。

まず第1に、最近のアンプはスピコンOUTが標準に付いていたりするものもあるのですが、うちにはバインディングポストしか付いていないアンプもありまして、それのスピコン変換用に。

第2に、NEXOのPS10の受けがスピコンの2±を使ってたりするんですね。これが通常1±のシステムに混ぜようとすると結構面倒くさかったりするんです。

で、作ったのがこんなの。

08033001

スピコンオスとバナナプラグの変換ケーブル。スピコンの1±と白バナナ、2±と赤バナナがそれぞれ繋がっています。

更に

08033002

スピコン1±2±分岐ケーブル。ケーブル1本で2回線送りたい時なんかも。

と、まぁこのHPCI4Fがあるとスピコンを使ってシステムを組んでる人にとっては、ちょっとした役立ちアイテムが作れるのではないでしょうか。

SWITCHCRAFT(スイッチクラフト)/HPCI4F

SWITCHCRAFT(スイッチクラフト)/HPCI4F

| | コメント (0) | トラックバック (0)